スタッフの声
Q:将来どんな自分になりたいですか?

発想力・行動力共に優れた人物になりたいです。ARKnetsではスタッフから日々提案を募っています。それは会社の成長にも必要不可欠なもので、自分自身の成長にもつながります。他のスタッフの提案を見ていると、なかなか思いつかないようなユニークなものが沢山あります。私も負けずに日々考え、豊かな発想力を培い、自ら実行に移す行動力を身に付けていきたいです。

Q:新卒採用を検討されている方に向けてのアドバイス。

当社を検討されているということは、少なからず洋服に興味がある方なのだと思います。『洋服は好きだけど知識がない』『センスに自信がない』そう思って足踏みするのではなく、少しでも興味があるならばぜひチャレンジしていただきたいです。 私自身も入社前は洋服の知識も浅く、センスにも自身がないことから受けることを悩んでいました。しかし、洋服やその洋服にまつわるカルチャーが好きだと言う気持ちが高まり、思い切って応募し今に至ります。知識やセンスは後からついてくる、と先輩に言われたことがとても心に残っています。知識もセンスも、まずは洋服が好きだという気持ちがなくては成長しないと思います。私のように自分に自信がないという方でも、この会社はその人のやる気も見てくれます。私たちと一緒に洋服の知識を高めていきましょう。

Q:仕事で大変なことはありますか?

アルバイトとして入社した当初は商業施設内にある店舗勤務でしたが、現在は路面店舗に配属になりました。商業施設に比べ路面店舗では来客数こそ少ないですが、接客の合間に通販業務なども行わなければなりません。限られた時間で様々な仕事をこなすことは、まだ不慣れということもありますがとても大変です。

Q:実際に仕事を始めて楽しいこと・うれしかったこと・思い出に残っていることはありますか?

アルバイト時代に接客をさせていただいていたお客様が、「社員になれたんだね、おめでとう」とお声がけくださったことはとても嬉しく、心に残っています。接客業という人との繋がりがとても大切に感じる職業なので、服を通じてお客様と親密になれることはとても嬉しく感じます。

新卒入社スタッフの声
  • 2018年入社
    ARK 販売スタッフ
Q:ARKnetsへの入社を決意したきっかけは?

先輩達のようにかっこよくなりたい、好きな洋服の知識を深めたい、そういった気持ちで大学2年の夏にアルバイトとして応募しました。それからの約2年間で洋服屋の楽しさを知ってしまった私は、アパレルで働こうと決め就職活動をしました。ARKnetsでは各店舗の店長が展示会に行き、オーダーを決めます。アルバイトだった私にもこの商品をどう思うかなど、意見を求められることもありました。立場に関係なくひとりひとりの意見に耳を傾けてくれます。そんな会社は他にはなく、卒業後も働きたいと思い入社を決めました。

Q:面接で言われて印象に残っていることは?

【自分で仕事のしやすい環境を作って行くことが大切だ】と言われたことが印象に残っています。たとえば、作業台の上に荷物が散乱しているならば、わざわざやりづらい場所で作業を行うのではなく、やりやすいように片付ければいい。これは身近な例ですが、会社全体に置き換えれば、仕事上の不都合があれば自ら改善していけばいい。それができる会社だと言われたことがとても印象深いです。

Q:入社前のARKnetsのイメージはどうでしたか?

お洒落でとにかく格好いいお店、というイメージでした。実際店舗に訪れた際のいらっしゃいませの挨拶・佇まいから服装までも、他のショップとは何か違うと感じました。以前、休暇中のスタッフを見掛けたことがあるのですが、ただ椅子に腰かけ、コーヒーを飲んでいた、その姿すらさまになっており、ARKnetsスタッフはプライベートでも格好いいんだなと感動したのを覚えています。

Q:入社前に不安に感じていた事はありますか?

同じように感じている方も少なくないと思いますが、アルバイトと正社員では仕事量が異なる点です。上司が接客以外にも日々さまざまな仕事をこなしているのを見て、自分にも同じようにできるだろうかと不安に感じていました。

Q:ARKnetsに入社してどのような会社だと感じましたか?

スタッフみんなが高い志を持っており、常にやる気に満ち溢れている会社です。そして誰にでもチャンスがあるのだと感じました。新人でもアルバイトでも、いい意見があれば取り入れるというスタンスの会社です。結果だけではなく、たとえ失敗してしまったとしても、積極的に変化を起こした姿勢も評価してくれます。そんな会社だからこそ、ずっと成長をし続けることができると思います。

スタッフ一覧ページへ

PAGE TOP