24aw PREORDER

全品送料無料 配送に関するお知らせはこちら

2024.01.10
ARK STANDARD

CANADA GOOSE / マクミランパーカBL 各種サイズ感とシルエット紹介

  • MACMILLAN PARKA BLACK LABEL

  • 数あるモデルの中でもっともシンプルなミニマルダウンパーカー

  • こちらのマクミラン、現在ではHeritage と名前を変えたファーありのラインから続く大人気モデルになります。
    (マクミランはもともとファー無しが特徴のモデルです。)

    CANADA GOOSEといえば、国内ではロング丈のシャトーやジャスパーが一世を風靡していたかと思います。
    その後、着丈短めのモデルが主流になってきたこともあり、マクミラン、ウィンダムなどのモデルが人気を博しました。

    数あるモデルの中でももっともシンプルでどんなシーンにも合わせやすい王道
    それがマクミランになります。

    それではさっそくサイズ感を見ていきましょう。

  • CANADA GOOSE

    MacMillan Parka Black Label

    ¥194,700

  • ダウンに限らず、自分の感覚的なサイズ感と客観視したサイズ感って割と誤差があると思います
    こちらで参考にしていただければ幸いです。


    今回ベルモール店のスタッフにご協力いただきました。ありがとうございます!
    モデルスタッフのスペックになります。

    身長:170cm
    体重:55kg
    体型:細身
    肩幅:44cm

    出来れば様々な身長、体型のモデルをご用意したかったのですが、今回は170cm前後の細~不通
    くらいの方の参考になればなと思います。

  • サイズ比較 XS〜XL

  • XSサイズ

  • Sサイズ

  • Mサイズ

  • Lサイズ

  • XLサイズ

  • ひととおりご覧いただきましたが、皆さんはどんな印象だったでしょうか。

    実際に着用してみないとどのサイズに決まるかというのはどのお洋服でも難しいですが、
    なんとなく絞り込めたと思います。

    私が実際にその場に立ち会ってスタッフ目線でご提案するとすれば、SかMの2択になるかなと。
    あとは用途や好みに合わせて~といった具合ですね。

    CANADA GOOSEは個人的に、ゆったり目よりはピシッとジャストサイズに着ていただいたほうが
    本来のスタイリッシュさが強調されてカッコ良いかなと思っています。

  • 【基本スペックはこちら】

    →625フィルパワー ホワイトダック ダウン

    →ダックダウン80%フェザー20%

    →極限のコンディションや極寒地でもドライで快適に過ごせるよう設計されたArctic Tech(アークティックテック)

    →ポリエステルコットン素材に耐久、撥水加工を施したアークティックテックは、カナダグースが誇る高機能生地

    →アークティックテックは、雨やみぞれを玉状に弾き、耐摩擦性に優れ丈夫なため、過酷な環境や気象条件でもさらりとした着心地を維持


    【TEI 指数】
    ※カナダグースの温度体感指数(Thermal Experience Index: TEI)を見れば、アクティビティ、ライフスタイルに最適なウェアを見つけることが可能

    ■TEI 3
    FUNDAMENTAL(ベーシック)
    -10°C / -20°C
    寒冷地のデイリー使いに適した保温性とシンプルなデザイン

    暖冬続きということもありますが、インナーは薄手で全く問題のないスペックとなります。


    注意点として、Heritage と記載のあるマクミランパーカーは「Fusion FIT」という
    アジア人向けのサイズ規格となっております。
    対してこちらのマクミランパーカーは「Regular FIT」という本国向けの世界規格になります。

    身幅、着丈、フィット感など、細かく変わってまいりますのでご注意ください。

    ※Heritage の付かない新型モデルはFITが廃止されており、ほぼ一定のサイズ感となっております

  • いかがでしたでしょうか。


    なんとなくでも参考にしていただけたらなと思います。

    ご協力いただきましたPier Lounge by ARK ベルモール店でもCANADA GOOSEを豊富に
    取り扱っております。

    接客に定評のあるベテランスタッフばかりですので、やっぱり店舗で実際に着たいと思った方がいれば
    ぜひ足を運んでください。

    それではまた。

SATO
ARK STANDARD
SATO
このスタッフのブログをみる

PAGE TOP