ABOUT FOOT SIZE

Q. こんな足の悩みはありませんか?

「気になる靴があるんだけど・・・自分のサイズがわからない。」
「いつもと同じサイズなのに足に合っていない気がする。」
「足のカカトや関節が痛い。」
「靴を脱いだ時に嫌なにおいがする。」
「たこやうおのめ、外反母趾で悩んでいる。」

靴のサイズが合っていないと足は危険信号を発します。
たとえば、「冷え性」や「関節痛」、「外反母趾」等 足は様々な症状で危険を訴え、その症状は全身に及ぶ事もあります。そうならない為にも足に合った適正なサイズ選びをする事が靴を買う時には必要不可欠です。

自分の足にはどのサイズが合っているのか、それはもちろん人それぞれ異なります。では、どうしたら自分の足に合ったサイズがわかるのか・・・。
そんなお悩みをお持ちの方はメジャーを片手にご自分で足のサイズを測ってみましょう。

1レングス(足長)を測る。

レングス

レングス(足長)とは、その名の通り足のカカト部分からつま先部分までの最も長い部分を表します。

STEP 1
足の大きさよりも一周り程大きな紙を用意しましょう。
STEP 2
自分の足型をペンでなぞります。
STEP 3
左の図の様に足のつま先からカカトまでの最も長い部分に平行に延長線をひきます。
STEP 4
3でひいた2本の線の間に直角の線をひき、その線の長さを計測します。

それがあなたの足のレングスとなります。

2ウィズ(足幅)を測る。

ウィズ

ウィズ(足幅)とは、親指の付け根部分から小指の付け根部分までの幅の事。
(足の幅の中でもっとも広い部分)を表します。

STEP 1
レングスを測る時に使用した紙になぞった足型を用意しましょう。
STEP 2
レングスとは逆に今度は親指の付け根と小指の付け根より平行な2本の線を引きましょう。
STEP 3
その2本の線に対して直角に線を引きましょう。
STEP 4
3でひいた2本の線の間の長さを計測します。

それがあなたの足のウィズとなります。

3足囲を測る。

レングス

足囲とは、親指の付け根部分から小指の付け根部分までの幅の事。
(足の幅の中でもっとも広い部分)の周囲の長さ表します。

STEP 1
メジャーを用意します。
STEP 2
メジャーの0の部分から約10センチ程の部分の裏面に足を置きます。
STEP 3
足の両側に伸びたメジャーを親指の付け根と小指の付け根に合わせ、足に巻きます。
STEP 4
メジャーの0の部分と重なる部分の数字・・・

それがあなたの足の足囲となります。

4自分の足のサイズを知る。

一般的に靴のサイズは下記のチャートの様な表記で販売されています。
下記のチャート表を参照し、ご自分のサイズを把握しておくことで、どこへ行っても自分のサイズで靴を購入する事が出来ます。

例:足長が268mmで足囲が238mm、足幅が97mmなので靴のサイズを選ぶ時には27cmのCウィズというサイズになります。
サイズ表
※こちらは、参考のサイズチャートです。靴によってサイズは異なりますので、お悩みの方はご相談ください。

PAGE TOP