生デニムのお手入れ
生デニムを穿きおろす前のお洗濯方法(ファーストケア)

生デニムを穿く前に、ファーストケアをしましょう。

生デニムは糊を落として縮ませて穿く事で、きれいなアタリを表現する事ができ、洗わずに穿くよりも生地の寿命が延びます。ぜひ、ファーストケアすることをおすすめします。

※下記で紹介している2・3の工程は、可能な場合のみ行なってください。洗う環境やスペースなどに問題がある場合は、工程4から行っても問題はございません。

※ファーストケアすることにより、縮みが生じます。しっかり内容を確認し、自己責任の上でお手入れをお願いいたします。

フロントのボタン(またはジップ)を閉め、裏返しにしてください。
浴槽もしくはデニムが浸かる大きさのタライにぬるま湯を張り、そこに30分程度浸します。
ポイント 熱めのお湯だと糊は浮きやすくなる分、ぬるま湯で行うより、縮みが生じやすくなります。温度は好みで調節してください。
デニムの表面の糊が浮き上がったら、糊を洗い落とします。
ポイント 2.と3.の工程中に、忘れてそのまま放置してしまわないように注意してください。
4すぐに洗濯機で洗濯→すすぎ→脱水の順に進めます。
自然な色落ちを楽しみたい場合最初は洗剤を入れずに洗います。2回目以降、ワンウォッシュや加工物のデニムを洗う際は、蛍光剤の入っていない洗剤を使ってください。また、お湯よりも水を使った方が、色持ちすると言われています。
洗濯が完了したら、シワを防ぐために縦と横をそれぞれ軽く伸ばします。
次に裏返しの状態のまま逆さに干します。完全に乾いたらファーストケアの完了です。
ポイント 目安ですが、天日干しの場合ウエスト部分で約2cm縮みます。乾燥機を使うと天日干しよりさらに縮みが生じますが、革パッチの縮みや割れなどの恐れも伴います。お好みに合わせてケアしてください。
裾上げが必要な場合
ファーストケアすることにより縮みが生じるので、上記の工程がすべて終わってから行う事をおすすめします。ARKnetsでは裾上げも承っておりますので、店舗スタッフまでお気軽にご相談ください。

デニムは「丈夫で、長持ち」と思われがちですが、綿糸から作られた素材で、基本的にはコットンのため、汚れも、臭いも付着します。それらを放置すればするほど、痛みも早くなってしまいます。今回のファーストケア後も、タイミングを見て定期的に汚れ・臭いを落とし、大切に穿きこんで特別な一本に育ててください。
▲Page Top | ARKnets
Copyright © 2019 RESTRICT Co., Ltd. All Rights Reserved.