2017年正月より始動した東京ブランド。国内外で活躍する著名なアーティスト陣が描く"10匣"のグラフィックのみをアイデンティティとする。グラフィックをアートと位置づけし、アートを纏って欲しいという思いを込め、現在ジャンルレスなコミュニティが広がりを見せている。
※グラフィックを手がけたアーティストに関しては、一切の情報を非公開。

真の男性の為の洋服作り。ガーメント発想でそれぞれのアイテムの作り込みを行なう。《 marka 》は60年代~70年代のカウンターカルチャーをベースにした、現在失われてしまった男性像の追求。都会的なエッセンスを注入したカジュアルな洋服を主とする。素材選びから、縫製、加工に至るまで、洋服作りにおけるすべてのアプローチを日本国内で行う。古き良き時代から培われてきた職人的ディテールワークに独自のモダニズムとウィットを盛り込んだメンズウェアを展開。

「HUMAN MADE」は a bathing apeを手掛け、ビンテージマニアとしても知られるNIGO 氏がデザインする話題の新ブランド。「過去と未来の融合」をテーマとし、古き良き時代のビンテージをNIGO氏のフィルターを通し、モダンに昇華したオリジナリティあふれるアイテムを展開。クラフトマンシップによる拘りあるつくりが高く評価されているアメカジブランド「ウエアハウス(WAREHOUSE)」の技術協力のもと、作られております。

“ジャパンブランド”である“NANGA(ナンガ)”。社名の由来はヒマラヤにある8,000メートル級の高峰“ナンガバルバット”。伊吹山の麓、滋賀県米原市の創業74年の国産「羽毛商品」メーカーです。主にシュラフ(寝袋)やジャケット・パンツ等登山アパレルを国内生産しています。羽毛の安全性と質にこだわり、熟練した縫製職人によってNANGAの製品は完成します。いずれも見えない部分だからこそ、こだわりぬく。安さを追求するのではなく、「お客様の評価に値するものを作る」。社員が “モノづくり” をしているというポリシーを持ち、お客様の背景を考える。触って羽毛をチェックする、手間がかかっても、ベストだと判断した技術で縫製する。安全で品質の良いダウンを使用し、独自の縫製技術によって生まれる商品は、「暖かく、そして軽い」第一線で活躍する登山家から、一般の登山家、ハイカー、タウンユースにと幅広い支持を得ている理由でもあります。

スポーツウェアブランド「DESCENTE(デサント)」のものづくりのエッセンスを凝縮したコレクションでもある「DESCENTE ALLTERRAIN」の技術と、日本屈指の生産背景で作り込まれた素材を活かしたデイリーウェアを展開している「AURALEE(オーラリー)」のデザイナーでもある岩井良太氏がデザインしコラボレートしたラインが、「DESCENTE PAUSE」です。
PAUSE(ポーズ):休止する、一息つく、ちょっと休む。
音楽記号の小休止を意味し、全速力ではなく、時々休憩するように生活を楽しむをコンセプトに、トップアスリートのために開発してきた技術やハイスペックな素材を、日常に落とし込み日々の生活をより快適にするユーティリティーウェアを展開します。

1998年にアフタースノーボードをコンセプトにスタートしたgravis。 その後Skate、Surf、Art、Musicとカテゴリーを広げ、世界で活躍するプレイヤー達と共にクリエイションを続けてきました。 2016年より、今まで培ってきたアーカイブを礎にさらなる高みを目指すため、新たなカテゴリーやフィールドを視野に入れ 世界基準のgravisブランドを再構築します。

見つけ出す:FOUND、再現する:REPRODUCTIONをコンセプトに世界各地の軍用トレーニングシューズをベースとしたスニーカーを展開するブランド。ミリタリートレーナーシリーズは1950年代~1990年代にかけて数多くの軍用トレーニングシューズを生産していた各国のファクトリーで、ひとつひとつ丁寧にハンドメイドで生産。ロゴやタグには品名、国名、年代を記載しデザインソースを明かしています。ミリタリーアイテムを中心に時代を超えた普遍的なアイテムを見つけ出し、現代的に再現させてリリースしています。


すべての新規取り扱いブランドを見る


商品に関して、ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

027-325-6638 MAIL

WISE ARK ショップページはこちら